ディスプレイツール

プロモーションツール

ご入稿のご注意

print-alamodeにて入稿可能なデータは
Adobe Illustrator / Photoshopで制作されたデータになります。
それ以外でご入稿希望される方は要相談となります。

ご入稿前のチェックをお願いします

イラストレーターの全てのテキストはアウトライン化されていますか?
必要ないポイントやフォントが残っていないですか?

アウトライン化せずにご入稿されますと、データを開く環境によってフォントが別なものに置き換えられてしまいます。
同じフォントが入っている環境でも詰め文字が反映されない場合がございますので、Win / Mac問わず、
必ずアウトライン化を行ってください。

スクリーンショット:アウトライン

正しいサイズのトリムマーク(トンボ)がついていますか。

トリムマーク(以下トンボ)は仕上がりサイズに断裁するための位置を表すマークになります。
必ずトンボ付きのデータをご入稿ください。

スクリーンショット:トリム―マーク

ページの先頭へ

3mmの塗りたしはついていますか?

「塗りたし」とは断裁時のズレにより「白」が入るのを防ぐものです。
伸ばすのは背景のみで、中に入る文字などは出てしまったりギリギリに配置しないようにしてください。
目安として2.5mm~3mm程度、仕上がりラインから内側へ入れてください。

スクリーンショット:3mmの塗り足し

配置画像はすべて埋め込まれていますか? もしくは正しく添付されていますか?

配置画像は埋め込みをする、もしくは画像データを一緒に添付してください。

配置画像データが正しく添付されていない場合
【ウインドウ】→【リンク】の写真リストの中に「?」マークや空白の箇所が表示され画像の表示がされません。
再度リンクを貼り直してからご入稿ください。

スクリーンショット:配置画像

【リンク画像】
画像を外部からリンクして表示します。データサイズは軽くなりますが、
リンクしている元画像が無いと画像が表示されません。
【埋め込み画像】
画像をイラストレーター内に埋め込みます。データサイズは重くなりますが、
リンクしている元画像がなくても画像は表示されます。

ページの先頭へ

配置画像とフォトショップの画像は解像度が最低目安に設定されていますか?

WEB上での画像解像度は72dpiとなっております。
WEBから持ってきた画像など低解像度の画像を印刷すると粗くガタガタな仕上がりになってしまいますので、
目安として解像度は大判出力の場合150~240dpi、特殊紙印刷の場合は350dpi以上を目安に設定してください。

スクリーンショット:解像度

ページの先頭へ

オーバープリントのチェックは外していますか?

オーバープリント項目にチェックが入っていますと上手く印刷されない原因になります。
【ウインドウ】→【属性】→【塗りにオーバープリント】にチェックが入っていないか確認してください。

スクリーンショット:オーバープリント

レイヤーとオブジェクトのロックは外しましたか?

全てのレイヤーとオブジェクトのロックを外してください。
ロックされているオブジェクト、レイヤーがある場合、印刷に不具合が発生するおそれがあります。
また、不要なレイヤー(不可視にしているレイヤー)は消してください。
複数のレイヤーを使用している場合はレイヤーをまとめてください。

スクリーンショット:オブジェクトのロック

ページの先頭へ

アートボードは印刷物のサイズより大きく設定していますか?

アートボードは出来上がりのサイズより大きめに設定してください。
A4サイズのものを制作するのであればA4以上のサイズに設定するようお願いいたします。

スクリーンショット:アートボードのサイズ

ページの先頭へ

白黒(1C)でご注文をご希望されている場合で、黒以外の色も入れていませんか?
(スミ1色にしてください。リッチブラックは4色となります)

カラーで黒を選択した場合とカラーモードCMYKで作成した黒色はモニター上、同じ黒色に見えるかもしれませんが
印刷した場合に色味が異なってきます。

スクリーンショット:スミ1色 リッチブラック

ページの先頭へ

イラストレーター・フォトショップのカラーモードはCMYKにしていますか?
特色をCMYKに変換していますか?

RGBカラーとCMYKカラーでは色の表現が異なってしまうため、RGBカラーで作成した場合、
カラー印刷において表現されない色味があります。印刷データを作成する際にはカラーモードをCMYKに設定してください。

スクリーンショット:カラーモード

ページの先頭へ

jpg、もしくはpdfの確認画像を添付していますか?

お客様の作成されたデータと仕上がりイメージの確認をする際に必要となります。
フォント・画像・オブジェクト等ミスやトラブルを無くすためにも必ず確認画像を添付して下さい。
確認画像はjpgかpdfファイルにてお願い致します。

すべてのファイル名を半角英数にしていますか?

OS環境によってファイル名が文字化けをおこしたり正しく表示されない場合がございます。
機種依存文字や記号は使わず正しいファイル名でのご入稿をお願い致します。

スクリーンショット:ファイル名

ページの先頭へ

付属する全てのファイル名の後ろに拡張子(「.eps」「.ai」「.psd」「.jpg」など)はついていますか?

様々な端末やサーバでデータを扱う時、機械がどの種類のデータか識別するために必要なのが拡張子です。
拡張子を省略したまま入稿されますとサーバ側でデータの認識が出来なくなり、
データ破損の原因になりかねませんので拡張子は必ずつけてご入稿ください。

スクリーンショット:拡張子

ページの先頭へ

保存バージョンを正しく設定していますか?

イラストレーターのデータは下位のバージョンで保存しないでください。エラー等の原因になります。
弊社ではCCまで対応しておりますので、作成されたバージョンのまま保存してください。

スクリーンショット:保存バージョン

ページの先頭へ

線の太さは0.25pt以上で指定していますか。

線を引く場合、なるべく濃い色を指定してください。
線の太さが細すぎたり、薄すぎたりするとうまく印刷されない可能性があります。
線の太さは0.25pt以上をご指定下さい。

ドロップシャドウや透明効果をラスタライズ化していますか。

イラストレーターで透明・ドロップシャドウは使用した場合はラスタライズ化を行ってください。
ラスタライズとは画像オブジェクトを画像データ化することで透明・ドロップシャドウ等を使用されたとき不具合を防ぎます。
【オブジェクト】→【ラスタライズ】(解像度→高解像度300dpi・背景→透明)を指定してください。

スクリーンショット:ラスタライズ化

折、ミシン目加工がある場合、ガイドで折れ線を付けていますか?

加工を希望される方は必ず加工場所に印を書き込んでください。
折り・スジ・ミシン目加工の場合は、線をひくなど。
孔開加工や角丸加工の場合は、入れる箇所に×などの印をいれてください。

ページの先頭へ