紙の肌触り★NTラシャのショップカード

 

NTラシャ(白)210kgで印刷したショップカードです。

分厚くがっしりとして、手触りはやや粗めです。

 

ntrasha_02

 

 

色味はバニラのアイスクリームみたいな

うっすらクリーム色。

 

夕暮まで外で遊んで家に帰ってきた

白い猫みたいに、少し表面はワイルドですが

気品と堂々たる落着きを兼ね備えた紙です。

 

紙の表面をそっとなでると

ざらざら・・・

ずわずわ・・・

と、均等なリズムで

ゆかしい肌触り。

 

昔懐かしい日本の家の

ふすまの様。

 

羅紗(ラシャ)は毛織物の意味ですが

NTラシャは調べると「毛羽立つ画用紙の様」と書かれていますが

実際に触ってみるとそこまで毛羽立っているわけではありません。

 

ntrasha_01

 

 

紙の表面が紙そのものの

ざらついた感触。

 

それゆえ色ががべったりとはのらずに

かすれたような風情が醸し出されるのです。

 

ntrasha_03

 

 

表面はざらついていますが

QRコードを印刷でき、読み取ることもできます。

 

がっしりした紙厚は安定感があるので

ショップカードだけでなく、

ポストカード型のDMや、レストランのメニュー等も

印刷しました。

 

紙の手ざわりは

太陽の光を吸いこんだ

あたたかな樹の肌、

目と肌から波のように伝わってくる

かすかな振動にめまいがする。

 

例え将来、紙がすべて電子で置きかえられるようになっても

この手ざわりとぬくもりは永遠に人の心を魅了し続ける。

 

私はきっと、そうだと思います。

 

★プリントアラモード特殊紙 NTラシャ★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


print-alamode

  • rss
  • facebook
  • twitter

最近のコメント

follow